アルバムも進化している?写真の保管に最適なアルバムの特徴

とりあえず一時的に保管したいとき

写真と言えば今はデジタルカメラで撮影した写真をパソコンなどで保管するケースが多いかも知れません。ただパソコンに保管しているといつでも自由に見られるわけではないので、子供などに見せようとするならプリントした方がいいでしょう。昔のフイルム写真やデジカメ写真をプリントしたものを一時的に保管するのにいいアルバムのタイプとしてポケットアルバムがあります。袋の中に写真を入れていくタイプで、簡単に出し入れできますし閲覧性もそれなりにあります。ただひっくり返したりするとポケットから写真が出て入れ直すのが大変になるときもあります。また袋に入っているだけなので長期的にきれいに保管するのには向きません。将来的に整理するのを前提に一時的に保管するアイテムとして使うと良いでしょう。

子供の成長記などの記念用のアルバム

子供の成長を写真に収めている人は結構いるようです。デジタル写真だと大量にパソコンに保存できるものの、あまりにもたくさんありすぎると子供の成長記録を辿るのも大変になります。そこで子供の成長がよくわかるアルバム作りに挑戦してみましょう。自分で作るならフリー台紙やスクラップブックタイプが良く、好きな写真を選んで台紙に張り付けていきます。フリー台紙はフイルムでコーティングされるので劣化しにくく、スクラップブックならより自由度の高いアルバムができるでしょう。さらに業者に依頼をすれば書店で売られている写真集のようなアルバム作成も可能です。この方法だと同じアルバムを複数冊注文できたりするので、自宅用のほか親せきなどに配ったりもできます。